活用シーン マハールは剥がれる心配のない外壁改修を実現します

融合工法で安心・安全の密着性

融合工法(プライマー、下塗材及びシート裏打材に同一の特殊合成樹脂を採用)のため、各接着面が自然に融合し、材料と下地が一体化するため層間剥離の心配がありません。

地震が起きてもタイルに比べて落下しにくい

東日本大震災時に、建物にはられたタイルの落下が相次ぎ、その危険性が話題として取り上げられています。
マハールはタイルに比べて剥がれにくく、落下の心配が少ない仕上げ建材です。安全性の観点からもマハールは採用されています。

ページトップへ戻る